外国人のキャッシング

通常、外国籍の方が他国で融資を受けることはできませんが、日本在住の外国人でもキャッシングなら契約することができる可能性があります。ただし外国人がキャッシングを受けるためには日本人とは異なる条件があり、永住ビザを獲得している方でないと申し込みはできません。

 

永住ビザは日本人でいうところの身分証明書になりますので、必ず用意しておいてください。また、日本語が堪能であることも条件の一つです。話せることはもちろん、読み書きもできなくてはなりません。

 

つまり、この文章を理解できない時点で融資は不可能でしょう。日本語はひらがな、カタカナ、漢字があり、特に漢字が難関とされていますが、日本人が日常生活で使う約2000~3000文字の漢字は覚えておかないと厳しくなります。

 

上記の条件がクリアできており、尚且つ安定した収入があればキャッシング契約も不可能なことではありません。ただ、やはり外国人への融資ということで日本人に比べてリスクが高いため、よほど安定した収入があるわけではないのなら審査基準がゆるい金融会社を選んで申し込みをしたほうがいいでしょう。

 

また、その際には外国人への融資を可能としている金融会社を選択してください。