返済支払額の仕組み

キャッシング、カードローンでは返済にリボルディング払いを選べますが、このリボルディング払いとはいったいどのようなものなのでしょうか。簡単に言うと、リボルディング払いとは分割払いの事です。一括で返済をするのではなく、複数回に分けて返済をすることを言います。

 

しかし、このリボルディング払いはさらに細かく分割することが出来ますが、もっとも使われるケースが大きい二つの方式があります。一つは元金定額リボルディング払い、もう一つが元利定額リボルディング払いです。

 

元金定額リボルディング払いは、元金が低額となります。そのため毎月元金を5000円返済するとなったら、毎月の支払いは5000に利息を加えて金額となり、毎月の支払総額が利息の範囲内で変動します。

 

一方で元利定額リボルディングは、支払う総額が決まっています。その中から利息を引き、利息以外の金額を元金に充てて返済をすることになります。この場合には支払い総額は変わりませんが、元金に充てる金額が変動します。

 

どちらのリボルディング払いも一長一短があります。また業者によってもどちらのリボルディング払いを導入しているか違ってきますので、リボルディング払いを設定するときには確認しましょう。